サイトメニュー

治療するなら本物で

女性

リピートしても優れた効果

コリアンボトックスやチャイナボトックスなど、ボトックスは色々な国で作られているため、治療を申し込む際はどれを選ぶか困ることもあります。ですが本物のボトックスはただ1つ、アメリカのアラガン社製の物だけですから、この施術を受ける時の基礎知識として忘れないようにしましょう。本物と言われるのにも訳があり、この呼び名はアラガン社の人気商品であるボトックスビスタに由来するからです。A型ボツリヌス毒素製剤などの総称もあるのですが、トップシャアを誇るアラガン社の商品名を使った方が分かりやすいため、類似品もその名で呼ぶ場合が多々あります。全ての類似製品が決して悪い訳ではありませんが、美容整形目的で日本政府の公認を得ているのは、この製薬会社だけなのも事実です。そこで、豆知識として覚えておきますと、副作用の少ない充実した施術が受けられるようになります。また、この施術では痛みも副作用の1つとして知られていますが、注射に使う針は非常に細いため、肌に刺す際の痛みはとても軽微です。このほか、過剰作用による副作用に至りましては、注入量の判断をドクターが見誤った場合の副作用ですから、適量を打てばまず起こりません。それらのことから、副作用のない施術を希望する時は、確かな実績を持つ熟練医に、アラガン社の製品を極細針で注射してもらうのが基本です。本物を選ばず、あまりにも安価なボトックスで治療した場合、効果が薄かったり、抗体ができやすいという副作用も懸念されます。抗体自体はこの薬に対する抵抗力なので、予防接種でウイルスに負けない体を作るように、深刻な副作用ではありません。ただし今後もボトックス治療を続けて受ける場合ですと、途端に厄介な副作用になってきます。本来は効果を発揮する筈でも、体に抗体が備わったことで、今後のボトックス治療の効き目が現れにくくなるのです。その点、不純物が少ない良質な製薬剤なら抗体が発生しにくいため、次回以降も良好な効き目を望めるようになります。リピート治療を行う時は特に気をつけておきたいポイントですから、アラガン社製といった良質なボトックスを選びましょう。そして、ボトックス施術では内出血も気をつけるべき副作用ですが、これは気を抜けば術後でも発生するので留意が必要です。とりわけ控えると良い行為がサウナや飲酒や運動であり、それらを行えば血流が高まった結果、内出血を誘発しやすくなります。また、施術を受けた日の入浴はシャワーはOKでも、同様の理由から湯船につかるのは控えねばなりません。半身浴なら肩までどっぷりつからないので大丈夫そうな感じもしますが、半身浴もことのほか血行を高めるため止めておきましょう。